銀座出張マッサージと個人情報

Last Updated on 11月 12, 2023 by admin

銀座出張マッサージと個人情報
銀座出張マッサージを利用する人たちは増えていますが、男性だけではなく女性も肩こりや腰痛、冷え性などに悩まされており、自宅などで気軽に受けられる出張マッサージが人気になっています。

とはいえ、こうした出張マッサージは、自宅が知られてしまう、そのあとでややこしいことにならないだろうか、そんな心配をすることもあるかもしれません。確かに自宅にセラピストを呼ぶということは、家の住所を知られてしまうことであり、家の中の様子も見られることになるわけですが、こうした出張マッサージ業者というのは、そうした情報を利用しようとか、またこの機会に、もっと別のコースを勧誘してみよう、といったことをすることはありません。

あくまでサービス業であり、依頼者の嫌がるようなことはしないのです。それに利用することで知ることになった個人情報を悪用することもありません。それで、そうした懸念を持つ必要はなく、安心して利用することができるのです。
銀座出張マッサージを利用する人たちは増えています

銀座の食に関して

食においても、銀座は西洋の味覚を紹介する場となった。1871年、「文英堂」(現:木村屋總本店)が尾張町にて創業し、あんパンの販売を始めた。また、1895年には洋食屋の「煉瓦亭」が開業した。銀座で調剤薬局を営んでいた資生堂は1902年、店舗内に「ソーダ・ファウンテン」(現:資生堂パーラー)を併設し、ソーダ水やアイスクリームを売りだした。他にも、1897年に開業した「銀座千疋屋」は輸入果物の販売や日本初のフルーツパーラーを開業するなど銀座には様々な食文化が流入した。

1911年3月、パリのカフェを模した「カフェー・プランタン」が開店し、作家や画家などの文化人の社交場となった。その後も「カフェー・ライオン」や「カフェーパウリスタ」などが続々と開店し、学生なども出入するようになり、文壇の議論が盛んに行われた。しかし、関東大震災を境に関西資本のカフェーが進出し、カフェーは女給による濃厚なサービスを行う場に変貌していった。昭和初期にはエログロナンセンスの流行とともに大衆化・俗化し、カフェーは全盛を極めることとなった。また、この頃に関西の料亭の進出も相次いだ。

戦後、銀座は徐々に世界各国の高級料理店が進出し、代表的なフランス料理店のレカン、マキシム・ド・パリや高級クラブなどが林立する街として認知されるようになっていく。1980年代後半に差し掛かるとそれまでとは比較にならない勢いで世界の一流レストランが挙って出店する一方、外食フランチャイズも盛んになる。まず1970年に「ダンキンドーナツ(現・ダンキン。日本からは米軍基地を除き1998年に撤退)」、次いで1971年に「マクドナルド」の1号店が銀座に開店。1990年代後半には「スターバックスコーヒー」や「タリーズコーヒー」が相次いで進出し、その後も「サンマルクカフェ」や銀座四丁目交差点で銀座和光と並ぶランドマーク的な存在である三愛ドリームセンター内に「ル・カフェ・ドトール」の1号店が開店、銀座は戦前とは異なる形態のカフェ激戦地となり、カフェブームを全国へ広げる舞台として躍進する。

トップに戻る